澄み渡る空のように。

流れに身を委ねて。

バイオハザードRE:2|発売前情報まとめ2

www.capcom.co.jp

バイオハザードRE:2が発表され、
様々なプレイ動画がYoutubeで紹介されていましたが、
今回は公式の『カプコンTV』からの紹介です。

■ 2018/6/27:ゴー☆ジャスが絶叫と実況!?『バイオハザード RE:2』カプコンTV #85
www.youtube.com

PS時代からのリメイクで、一気にリアルになりましたね。
画面やマップの表示はバイオ7に近くなり、
よりバイオハザードのホラーの世界に入り込むことができるように。

マップはオリジナルのマップを踏襲しつつ、
新しく作り上げられていて、懐かしいけど全く新しい感覚です。

また、オリジナル版では、いわゆる『固定カメラ形式』でしたが、
バイオ4のようなTPSになったことにより、
ゾンビに襲われた際の臨場感がすさまじいですね。
人気キャラクターを画面で見ながら、
操作できることができる嬉しさもあります。

話題になった見どころや、盛り上がりポイントは、

・グロテスク表現がかなり強くなった。
切断描写などのグロテスクな表現が増えました。
この動画では映していませんでしたが、
かなり生々しい死体がリアルに表現されています。
日本版の規制がどの程度になるか、気になるところです。

・警察署にトイレができた。
オリジナル版では警察署の建物内にトイレがないという、
謎建築だったのですが、リメイク版では追加されました。
ファンもかなり盛り上がってましたね。笑

ガンパウダー・強化弾薬のアイテム
バイオ3や7でも登場していた、組み合わせて弾薬を作る要素が
今作でもあるみたいですね。
遊びの幅が広がりそうです。

・レオン歓迎会の名残が…
レオンの勤務初日に警察署に行ったら、街がとんでもないことに…
という導入でした。
部屋が飾り付けられて、レオンを歓迎する様子が伺えるのが、
本当に切ないですね…。
ファイルも「良い先輩たちだったんだろうな…」と思える内容で、
より、世界観に引き込まれそうです。

・ゾンビの部位破壊
腕や足に一定のダメージを与えると、
その部位が千切れて動きを大きく制限することができます。
今までのシリーズでしたら、弱点の頭を狙う事がセオリーでしたが、
今回は状況に応じて別の部位を狙う選択肢もありますね。


やはりプレイ動画はいろいろな発見があって楽しいですね!
ここまでお読みいただきありがとうございました!
ではでは!

西野なるみ