澄み渡る空のように。

流れに身を委ねて。

ごあいさつ|謹賀新年

今年も『澄み渡る空のように』を、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の事

自分の人生で堂々の一位になるくらいの怒涛の一年でした。

『人生万事塞翁が馬』とか『禍福は糾える縄の如し』とはよく言ったものですが、まさかこんなにも浮き沈みの激しい一年になるとは思いもしませんでしたね。

■ 結婚

私事ではありますが、素敵なご縁があり結婚いたしました。
紆余曲折あり、一筋縄ではいかない結婚活動でしたが、みなさんの支えもあり、無事年内に結婚することができました。

結婚に至るまで数々の障害があったので、「ようやくここまで来たか…しばらくそっとしておいてくれ…」という気持ちですが、結婚をゴールとするのではなく、スタート地点だと思って、夫婦で協力しながら人生を歩みたいと思います。

よくよく考えたら、今年一年は結婚の話題しかないくらいの年でしたね。

一つの重荷から解放されたので、来年からはいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

今年の事

今年、今の段階で書きたい記事をいくつかピックアップ。

■ 結婚

しばらくは結婚生活のことを考えることになりそうなので、今年の上半期は結婚の内容で書くことが多くなりそうです。

いろいろな人に支えて頂いてたどり着いた結婚なので、自分が結婚までにどのような活動をしてきたか記事にしていきたいと思います。
結婚を考えている人にとって、少しでも参考になれば幸いです。


■ 趣味

今年1月は気になる作品がいっぱい!

□ 2019/1/18:Face My Fears/宇多田ヒカル

キングダムハーツ3の主題歌ですね!
一部はすでに公開されていますが、フルではまだ聞いていないので楽しみです!

1.Face My Fears (Japanese Version)
キングダムハーツ3オープニングテーマ

2.誓い
キングダムハーツ3エンディングテーマ
(こちらはアルバム『初恋』にも収録されていました。)

3.Face My Fears (English Version)
キングダムハーツ3オープニングテーマ
こちらは英語バージョンですね。

4.Don’t Think Twice
キングダムハーツ3エンディングテーマ
こちらも『誓い』の英語詞バージョン。


□ 2019/1/25:キングダムハーツ3

待ちに待ったキングダムハーツ最新作!
楽しみで楽しみでしょうがない!

ナンバリングシリーズ最終章なので、ものすごいストーリーになっているに決まってる…!という期待度マックスのゲームです。


□ 2019/1/25:バイオハザードRE:2

こちらも、待ちに待ったバイオハザード2のリメイク!

キングダムハーツと発売日が被ってるから、どちらからやろうか考え中…。。
2019年上旬はゲーム三昧出来そうだー!!


これらについては、自分の中で購入が決定しておりすので、こちらのの記事は書きそうです。
…というか、書きたくて仕方なくなると思います。早く発売日来てくれ!


■ 新しい目標

現時点での今年の目標がいくつかあります。

たとえ、根拠のないことであっても、口に出して信じて行動すれば、夢は叶う。
そんな『予言の自己成就』の効果を信じて、この場をお借りして宣言をば。


□ 自分磨き

人としてより魅力のある人間になれるように、自分磨きをしたいと思います。
『見た目』と『中身』どちらにおいても、より成長できるような一年にしたいと思います。

結婚前に、食事会やら顔見せ会やらで、おいしいものを食べる機会がかなり増えたので、体重が増えました。(財布の中身は減りました。)
恐らく一番最初のテーマはダイエットだと思います。

もともと68㎏でバランスが取れていた体重が、75kgまで増えていたので、目標は75kg→65kgです。頑張ります。


□ 新たな挑戦

今年は新しく挑戦したいことが2つあります。

一つ目は『カウンセラーとして人に貢献すること』

昔からカウンセラーを目指していたのですが、その夢に少し近づけるようなお話しを頂けましたので、今年はそちらもメインで活動できたらと思います。

結婚生活で忙しくなるかもしれないので、どれだけ関われるかはわかりませんが、頑張りたいと思います。

二つ目は『創作活動に本腰を入れること』

イラストか漫画か小説で創作活動をしていきたいと思っています。

実は、中学生の時から漫画を描きたいと思っていまして、コツコツとノートにネタをため込んでいたんですよね。
中学生の頃のネタなど今見返したら、黒歴史過ぎて悶絶しそうなものですが。それもまた一興。

今年中には、同人活動ができるレベルになりたいなと思ってます。


それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ではでは。

西野なるみ