澄み渡る空のように。

流れに身を委ねて。

ライフスタイル|スマホ依存から抜け出す

こんにちは。
新年も始まったということで、少しずつ自己改革を始めていこうと思います。

さて、突然なんですが、最近めちゃくちゃスマートフォンに依存しているんですよ。
どのレベルかといいますと、電車の中でも、信号の待ち時間でも、入浴中も、トイレにいる時もついつい触ってしまう位のレベルです。
30秒あればスマホを起動し、スマホ弄りに時間を使います。
もう本当にどうしようもないくらいの依存ですね。今、書いていて結構ヤバいなとドン引きました。

しかも、生産性のあることをするためにスマホを弄っているのではなく、ほとんど意味のないことに対して時間を使っているんですよ。
インターネットを見て回るとか、SNSの更新をチェックしちゃうとか、ゲームを起動しちゃうとか。

ちなみに、私はiPhoneを愛用していまして、iPhoneには『スクリーンタイム』という、どのアプリにどれだけの時間を捧げていたかわかる機能があるんですが、実際に見てみると戦慄しますよ。マジで。
調べによると、自分は一日当たり4時間スマホを起動していたらしいです。週で考えると28時間意味もない時間を使っていることになります。
つまり一週間に1日以上意味もない時間があるわけですね。ヤバい。ヤバすぎる。

ふとした瞬間にスマホ使うことも多く、作業の途中で突然スマホを使いだしたりして、集中力がどんどんなくなっていっている自分に、さすがに恐怖を感じ始めましたので、この機にスマートフォンから抜け出そうと思います。

スマートフォン依存対策

なぜ、スマートフォンを使ってしまうのか。
それは『そこにスマートフォンがあるから』です。
「なぜ山に登るのか。そこに山があるからだ。」みたいな。
いや、そんな志高くないですが。むしろ、スマホに支配されている時点で低い部類ですが。

なので、単純な解決策と言えば『スマホを持ち歩かない』です。これで全て解決します。

…でも、そんな簡単に解決出来たら、スマホ依存で悩む人はいません。
「え、スマホ持たないとか不安で死んじゃう!」
「緊急時に連絡取れないじゃん!」
「仕事で使ってるし、持ってないと困る!」
「というか、携帯電話を携帯しないとか、意味なくね?」
持ち歩きたくてしょうがないから、正当化できる言い訳がめっちゃ出てくるんですよね。
結局『スマホを持ち歩かない』という選択はなかなか難しいです。

そうなると、次にできる事は『スマホをすぐに使えないようにする』です。

まずは『手元に置くのをやめる』そして電源を切る。これだけでだいぶ変わります。
手元に置かずバッグに入れておけば、無意識に手に取ってスマホを弄る確率が大幅に減ります。
電源を切っておけば、使う際に電源を入れて使わなければいけなくなるため、さらにスマホを弄る確率が減ります。

もし、仕事などで電源を切っておくことが難しいのであれば、『緊急性の高いもの以外、全て通知を切る』と良いです。
通知が来ると、ついついスマホを見てしまいますし、スマホを起動するきっかけができてしまうと、そのままずるずるとスマホで別の事をしてしまう可能性が生まれます。

ここまですると、だいぶスマホの使用時間が減りますが、そうしたら「じゃあいつスマホをチェックすればいいのさ?」という疑問もわいてくると思います。
なので、『スマホを使っていい時間を決めておく』と良いと思います。
「お昼の休憩時間中と、電車の移動の時だけ使う。それ以外はスマホを使わない。」そう決めておけば、無計画スマホを使うことがなくなります。

以上の事を実践してスマホを使う頻度が減ると、急に時間が空きます。
本来は喜ばしいことではあるんですが、慣れないうちは手持ち無沙汰になってモヤモヤすることもあります。
スマホ使えなくて暇だな…そうだ、スマホで時間を潰そう!」みたいな本末転倒な現象が起こったりします。
ここで、スマホを使わずに他の事をするのが一番大事ですね。

そうなったときに、スマホ以外にやることを決めておいた方が良いでしょう。
「やりたいけど、時間がなくてなかなか出来ないんだよねぇ~」という言い訳をしていたことをするのが一番ですかね。
簡単な掃除でも、本を読むでも、瞑想するでも、手帳に思いついたことを書くでもなんでもいいです。
とにかく、スマホ以外の行動を決めてみましょう。

さいごに

…ということでおさらいです。
1.スマホを手の届かないところに置く。
2.スマホの電源を切る
3.スマホを使える時間帯を決める
4.空いた時間にやることを決める

最近スマホに取りつかれている人、めちゃくちゃ多いですよね。
友達といる時も、スマホ片手に話していたり、移動する時も歩きながらスマホを弄っていたり、ものすごく中毒性高いですよね。スマートフォン

確かにスマホは便利だし、楽しいし、依存するのも納得なんですけれども、スマホだけが人生ではないと思います。
(「いや、スマートフォンこそ我が人生!」と思っている人はこの限りではありませんが。)
自分が本当にやりたかったこと、挑戦したいことがあるのであれば、スマホ弄りで無駄に使っている時間はないですよね。
もし、少しでもスマホ依存に危機感を感じていて、改善したいと思っていたら、ぜひ挑戦してみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ではでは。

西野なるみ